「震災の象徴」の実態

・自宅全壊、辛い避難所生活、津波の生存者、リンク転々、仙台での苦しい日々…羽生の
震災関連の報道は全くの嘘ではないが実際よりも誇張されているものも多い。
羽生陣営も記事や番組のチェックは行っているはずなので、誇張したのははたしてどちらなのか。

☆震災後、仮設ではなく避難所で過ごしたが4日後には自宅に戻る
●フィギュア・羽生 被災地へ届け、16歳の「勇気の舞」(2011/4/16 日本経済新聞)
ttp://www.nikkei.com/article/DGXZZO26815010V10C11A4000000/

東日本大震災があった3月11日、昨季のフィギュアスケート世界ジュニア王者で今季の四大陸
選手権で2位となった羽生結弦(16、東北高)は仙台市内のアイスリンク仙台で練習中だった。

<4日間、避難所で過ごす>

羽生を含め、阿部奈々美コーチ、その生徒たちは無事だった。しかし、しばらくしてリンクに
戻ると、氷が解けて水浸し。配管が壊れたと聞かされたが、詳細は分からず、立ち入り禁止に
なってしまった。リンク近くにある羽生の自宅も電気、ガス、水道が通じなくなり、家族で4日間、避難所で過ごした

<各地のリンクが被災>

少し落ち着くと、スケートをできる人はやろう、という雰囲気にはなったが、氷がない。
アイスリンク仙台は宮城県だけでなく、秋田、岩手、山形県のスケーターにとっても唯一の
通年リンク。遠くに行くにも、交通手段がなく、リンク被害は関東にも及んでいた。

(略)

結局、震災から10日後、羽生は母親と高速バスで横浜に向かった
リンクから脱出したときにダメにしたスケート靴をまず新調、そのまま、横浜で練習を再開
した。4月1日、節電で営業を休止していた青森県八戸市のリンクが再開すると、今度は阿部
コーチの生徒30人らと共に、八戸に移動して合宿。それを終えると、再び横浜に戻った。

(略)

<ショーで「白鳥の湖」などを披露>

ショーでは滑り慣れた「白鳥の湖」と、アンコールで「パガニーニの主題による狂詩曲」を
披露した。スタンディングオベーションが起きた精いっぱいの演技に、見守った阿部コーチは
「心がこもっていて、泣けてきた」と話す。

14日、羽生は仙台に戻り、東北高で始業式に出席した。18日からは再び、八戸へ行き、
5月以降、横浜、八戸、横浜、金沢、東京……、ショーに呼ばれた先々で、リンクを融通して
もらって練習していくつもりだ。「自分にできることはスケートだけ。スケートを通して
一生懸命な姿を見せて、少しでも多くの人に勇気を与えられればいいな」と言う。

日本スケート連盟の強化選手である羽生は、ナショナルトレセン(中京大アイスアリーナ)が
使え、かつて仙台にいた長久保裕コーチがいる名古屋のリンクも便宜を図ってくれる。
海外からも練習に来ないかという声もかかっている。しかし、今のところ、拠点を仙台から移すつもりはない。

☆津波には遭ってないけれど津波からの生存者ということに
羽生結弦、津波生存者のチャンピオン(2014/02/15 Radio France Internationale
ttp://www.rfi.fr/sports/20140215-patinage-artistique-yuzuru-hanyu-champion-rescape-tsunami/(原文)
ttp://clint.blog.ocn.ne.jp/lecabotin/2014/02/un_prodige_de_1.html(翻訳/リンク切れ)


「突然、全てが崩れ落ちました。スケート靴の下の氷も、スケート場の
屋根も」と羽生結弦は思い出します。「本当に僕は16歳で死ぬんだと
思いました」と付け加えました。間もなく15メートルの高さの波が両親
の家をさらいました。羽生少年の家族全員が60平方メートルの小さな
簡易建物に引っ越しました。

他の多くの人々と同様に、羽生結弦の家族は未来が閉ざされ悲嘆により
破壊された生活に直面しなければなりませんでした。しかし結弦の母は
諦めの感情に屈することを拒否しました。息子は3歳からスケートをし
ています。彼女は1人ですばやく反応をとるしかありません。

結弦のために他のスケート場を見つけることです。寄付のおかげで彼は
母親と共にカナダに移住することが出来ました。彼のカナダ人コーチの
ブライアン・オーサーは完璧主義からはったり屋だと自称しています。

津波から3年後、心に傷跡が残る被害を受けた地方で、羽生結弦の
金メダルは津波の生存者や福島原発からの避難者に再び勇気を与えています。
「全てが運の問題でした」と羽生結弦は産経新聞に打ち明けました。
今日、彼は津波と福島の日本と共に幸運を分ち合っています。

☆いろんなメディアで「自宅が全壊」したと報じられていたが、実際は住める程度の全壊「判定」
●震災で自宅が全壊した羽生(2014/2/9 SANSPO)
ttp://www.sanspo.com/sochi2014/news/20140209/soc14020911260040-n1.html
●自宅は全壊。全国各地のリンクを転々(2014/2/16 デイリースポーツ)
ttp://www.daily.co.jp/olympic/sochi/2014/02/16/1p_0006712466.shtml


●自宅は全壊判定(2011/7月 浅田舞のスポ友)
 舞 その後は避難所へ?

 羽生 そうです。家から歩いて45分くらい。避難訓練とかで、避難所だといわれて
いた場所が家から歩いて、5分かかんないところにあったんですが、そこに行ったら、「ここ
じゃない」って言われて、いろいろ荷物を抱えていたんで、それを持って、45分くらいかかる
ところまで行って。そこに、たくさんの人がいたんで、(与えられたスペースは)2畳くらい
かな? そこで、自分と母と姉と寝ていました。4日間、避難所にいました。

 舞 その後は、おうち? 大丈夫だったの?

 羽生  家は全壊の判定をされました。半壊に近い全壊っていうか。だから、周りに足場を組んで、
シートがかかっていて、修理しています。やっぱり壁が崩れていました。お風呂の壁がずれて、
崩れていました。亀裂が入って、危ないなって、感じでした。大丈夫とは言えないけど、
住めないことはないです。

(略)

 舞 どこで練習を再開したの?

 羽生 東神奈川(横浜市)です。10日後くらいです。そこのリンクに、お世話に
なっていて、一時期、八戸(青森県)のリンクが営業していたので、行ってみたことは
ありましたが、あとはずっと東神奈川です。