今日の出来事(4月編)

☆気がつけばここも一年が経ち、新しい春になりました

2015/4/17
・国別対抗戦FS、4T→3T、コンビネーションジャンプのセカンドをダブルにして構成を落とし、192点という点数だけが別次元に。
・海外勢は羽生がキスクラに戻ってくる前に撤収を始め、得点表示される頃には他国のキスクラが無人に。

2015/4/16
・国別対抗戦SP、コンビネーションジャンプのセカンドを回転不足で転倒し、96.27のシーズンベストを叩き出す。
・海外勢は得点表示後さっさと撤収。

2015/4/13
・報ステで修造を前にして「テニスでも明らかに昔の次元じゃないじゃないですか、錦織選手にしろ」と修造に対して失礼な発言。「(4回転は)跳べて当然ですね。4回転を跳べない自分がいるとすごく腹が立つ跳べて当たり前だから」(※今季4回転はGPS、ワールドでは成功していない)

広告

今日の出来事(3月編)

☆潜伏中

2015/3/31
・今まで出たことのなかった国別対抗戦出場発表。最初は出ないつもりだったが、負けて悔しい気持ちをぶつけるために出場を決めた。それからも次から次へと出てくる満身創痍。
会見では「僕のみならずチームジャパン全員を応援して」発言や、会見後に一人セットの片付けを手伝い始めて、周囲のスタッフに止められるシーンも。

2015/3/29
・エキシでジャンプ大会、嫌がる後輩も無理矢理引きずりだして跳ばせるが転倒。
・インタビューでも悔しい連呼、優勝者とのハグで悔しさのあまり号泣、「僕の中のチャンピオンは君だから」と慰められたことを自慢気に吹聴。

2015/3/28
・ワールドFS、4S→2S、4T転倒、スピードが全くない演技で、4回転をSPFS通じて3度成功させた選手と僅か2点差の銀メダル。
・ワールド後の世界国別対抗戦に羽生は代表入りが既定路線だが、日本連盟関係者は「今大会が終わってから、国別について話し合います」と明かした。(スポニチ
・28日午前の公式練習で閻涵と接触寸前のシーンがあった。(スポニチ

2015/3/27
・ワールドSP、後半グループの選手は良い演技をしても得点が伸びず、キスクラで納得いかなげな表情を見ることが多々。一方羽生は4T両手お手つきでも完璧に滑った選手より2.5点近く上の点を出して首位。
・「(6分間練習で)こけてデニス(テン)に引かれそうになった」(サンスポ

2015/3/25
・公式練習の際のインタビュー「このリンクでは、閻涵選手といろいろありましたけれども、オフアイスでは、すごく仲のいい選手ですし、まあいろいろ思うところは、たぶん皆さんあると思うんですけど、僕はあんまりないです」(FNNニュース
・「思い出さなくはない。きょう滑った感じで『こんなこともあった』と思った」「しかし、皆さんが思っている以上に全然気にしていない。僕にとってあれは過去。今できることを、まず今やりたい。戻ってきたなという気持ち」(夕刊フジ

2015/2/23
・羽生結弦が23日、開催地の中国・上海に入った。1月末に練習を再開した後、右足首を捻挫。小林強化部長は18日に「調子は万全ではないが、少しずつ練習量も増やしている」と説明していた。羽生は到着後、関係者にガードされて無言。
右足首の不安を振り払うように、スキップから軽快に走って迎えの車に乗り込んだ。
この日の公式練習に参加するかどうかについて、関係者は「知らない」と話した。(スポニチ

2015/3/20
・連盟の羽生に対する“気遣い”は、これまでにないレベルに達している。練習の邪魔にならないように配慮してか、連盟関係者が羽生の元へ直接出向いて状態を確認することもしなかった。練習拠点についてもこれまで同様、国内か海外、どちらにいるかしか明かしていない。(東スポWeb

2015/3/19
・オーサーインタビュー「(年末の手術は内視鏡手術だったので)筋膜は切ったけど筋肉は切らずに済んだ」「彼(羽生)とは毎日メールでやりとりしているが4Sも4Tも3Lzも調子がいいと言ってる。上海までの時差もあるからこのままユヅは日本で練習し、ワールドの現地で会って試合前に3日間ほど練習する予定だ」(Beverley Smith

2015/3/18
・羽生は故障がなければ拠点のカナダ・トロントで練習を積む予定だったが、トロントには渡らず本番まで国内で調整する。4回転ジャンプを既に跳んでいるかなど、練習内容について小林強化部長は一切、明かさず。その意図について、「ストレスやプレッシャーに押しつぶされないよう、守ってあげたい」と話した。 (スポニチ

2015/3/8
・オーサー「ユヅルはいくつかの課題があったので、私は全日本以降全く彼を見ていない」(IFS magazine

今日の出来事(2月編)

☆チョコレイトは明治

2015/2/19
・小林芳子フィギュア部長は19日、「昨日、今日と連絡をとり、回復には向かっているが、大きな進展はない状態」と明かした。羽生は国内に滞在しており、練習拠点のあるカナダ、トロントに行くかどうかは未定。(デイリースポーツ
・羽生選手の関係者によると、羽生選手は回復具合に応じて練習を再開しているものの、本格的な内容の練習はまだ行っていない。小林強化部長は「できれば来週中に国内の滞在先に訪ねて、直接、状態を確認したい。世界選手権まで時間があるので辞退は考えていない」と話した。(NHK NEWSWEB

2015/2/13
●フジテレビの羽生結弦最新情報(オーサー氏談)
・手術後の経過を診るため現在は国内でトレーニング
・曲をかけての通し練習はまだ行っていないが、ジャンプは跳んでいる
・来週からカナダで世界選手権に向けた練習開始予定

2015/2/12
・羽生が練習再開直後の1月末に右足を捻挫していたことがわかった。小林強化部長によると、トロント行きの日程も本人の状態を見て判断する。(ソウル時事
・(オーサー氏の説明について)小林強化部長は「(羽生サイドと)連絡の行き違いがあったようだ。最新情報では練習を控えていると聞いた」と説明。同コーチが、羽生は近く練習拠点のカナダに戻る、と話したことも「未定で今後の様子を見て決めるそうだ」とした。(スポニチ

2015/2/11
・ソウルに滞在中のオーサー氏は、「彼(羽生)は3週間前から少しずつ滑り始め、今のところ大丈夫そうだ。大会までは5週間ある」と述べた。仙台で練習中の羽生は来週、練習拠点のカナダ・トロントに向かうという。(ソウル時事
・羽生は4回転やトリプルアクセルのジャンプも跳んでいるという。オーサーコーチは「順調に回復している。既に4回転も跳ぶなんて凄い。ユヅルはまるでマシン(機械)のようだ」と笑みを浮かべた。(スポニチ

今日の出来事(1月編)

☆今年もまだまだアーモンド

2015/1/30
・羽生の父親は宮城県で中学校の教頭をしており、一家は家賃5万円の県営住宅に住んでいたが、
2014年10月に仙台市内のマンションに引っ越していた。(週刊現代 ttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/41840?page=2)

2015/1/20
・羽生が数日前に退院していたニュースがひっそりと。(1/9日頃カナダの羽生専属マッサージセラピストが仙台に来たという情報も)

2015/1/9
・紅白の審査員に内定していたのに入院のためドタキャン?(週刊女性)審査員は23日発表、全日本は12/26−28、腹痛のためMOIドタキャンは28日発表。23日よりも前に入院、手術の予定がわかっていた可能性。

今日の出来事(12月編)

☆慌ただしい年末、疲れたらひとやすみ

2014/12/30
・精密検査を受けていた羽生の検査結果について、尿膜管遺残症と診断され、同日手術したと発表した。2週間の入院。

2014/12/28
腹痛の精密検査でエキシビションを欠場することを発表。

2014/12/27
・試合後バックヤードで「喜べる余裕がないんですよ、疲れていて」→からの表彰台にぴょん。
tired
pyon2

2014/12/26
・前日公式練習で羽生の勢いのある滑りを町田が避ける場面(夕刊フジ)や小塚と接近しすぎて、両手を合わせて謝るシーン(スポーツ報知)が見られた。
・全日本SP、連続ジャンプのセカンドが2回転になるミス。それでも完璧に滑った選手よりも高い点数で1位。

2014/12/25
・はたちの献血CM撮影でスタジオに入ってくるやいなや大暴れ。スタッフにもニアミス。
cm

2014/12/19
・BS朝日のフィギュアGPS・GPF総集編で羽生が出場する試合で良くジャッジを務める岡部氏が採点の解説者として出演。ところが採点への疑問が噴出した中国杯フリーはジャッジに入っていたにも関わらず一切の解説をせず、GPFの羽生のフリー演技を随所で褒め上げるだけの無意味な解説。(他のGPF出場の日本人選手はGPSの演技について解説)
NVdNZWp(ソチ五輪でウィニングランのときのツーショット撮影)

2014/12/17
・スペイン国内で一斉報道されたアギーレ監督の八百長疑惑報道について訊かれ「そうなんですか?全くわからなかったです」 と返答。(日刊スポーツ)
・Yahoo!検索でアギーレと並ぶ「八百長羽生ゆずる」「八百長 羽生」「羽生結弦 八百長」
yaoyao2

2014/12/16
・帰国会見より「結果として、二連覇になった。一つの試合で優勝しようと考えていた。別に連覇とかを全然意識もしてないし、実際に皆さんが思っている以上に連覇については喜んでいない」(キリッ
・今年の仙台七夕まつりの羽生の短冊「全日本・GPF・世界選手権二連覇!!!」(※全日本は去年二連覇を達成していたはず)
tanzaku

2014/12/15
・報ステスポーツコーナーでGPFの話題。女子アナが真央と高橋の雪の結晶デザインを紹介して
から、パネルを剥がして床に落とし、「今大会もこの人のためにあったのではないかという羽生
結弦選手。 ファイナル二連覇です」と言いながら下から番組自作の羽生の雪の結晶が出てくると
いう全方向に対して失礼な演出。
(動画)http://videos-c-10.ak.instagram.com/hphotos-ak-xaf1/10858102_569459229853490_769967204_n.mp4
hanyusc
2014/12/14
・GPFフリー、またも転倒しながらも194.08というチャンのノーミス演技での世界最高得点と僅か2点差のスコア。
・表彰台にぴょん。
pyon

2014/12/13
・GPFショート、ジャンプで転倒したにも関わらず、転倒せずにノーミスで滑りきった選手(SBよりも5点以上低い点数)や構成が高い選手(SBの演技よりいい出来なのに逆にPCSは低い)よりも遥かに高い今季世界最高の94.08という得点で1位。
・次の滑走者のヴォロノフに対し、カメラの前で「フォー!」と叫んで応援アピール。

2014/12/10
・報ステでGPF会場で使用されている雪の結晶のモチーフを紹介。リプニツカヤ、真央、高橋、 フェルナンデスなど多くのフィギュアスケーターが使われているのに羽生を使ったものはなし。
・修造がデザイナーに訊ねたところ、羽生を知らなかったために使わなかったらしい。

2014/12/4
・喘息持ちにも関わらず「はたちの献血」イメージキャラクターに。直筆で「ぼくが行く ぼくが
やる」とのメッセージつき。→日本赤十字社のサイトより「ぜんそく症状がある方や時々発作を 起こす方は、採血中に発作が起こると事故につながりますので、献血をご遠慮いただいています
→完全に人選ミス

今日の出来事(11月編)

☆このあとすぐ!!

2014/11/29
・NHK杯FS、4S→2S、4T→3T転倒、3A→1A、フリップのエッジエラーが消え、TES6位、PCS2位でフリー3位、アボットに0.15差をつけて総合4位になり、GPF進出決定。(5位以下だとブラウンがGPF進出だった)

2014/11/28
・NHK杯SP、4T回転不足で転倒、3Lz-3Tが3Lz-1Tに(3Lzはお手つき、1Tは新ルールによりノーカウント、要素抜けGOE-3)。それでも78点というこの演技内容では考えられない程の高得点でTES5位、PCS1位、合計5位。

2014/11/27
・NHK杯前日会見「あれ(フリー)はやめるべきだったとコーチを批判したり、連盟の方々を批判
したりすることもあると思うんですけど、僕はあの時に僕の意志を尊重してくれたブライアンと連盟に
とても感謝してるし」(半ギレ気味)「中国杯で滑れて、また、ここにいることができる自分の体に感謝したい」
・「自分の限界に挑んでいる。ある意味、死と隣り合わせ」(サンスポ)
・イメトレする羽生
imetore

2014/11/25
・「コーチによると、東京での治療後に地元仙台へ移り、10日ほど前から氷上練習を再開して4回転ジャンプも跳んでいるという。」(サンスポ)
・非公式練習でまたも他の選手とニアミス。大きく身を屈めてまるで相手に非があるような動き。
trauma

2014/11/8
・中国杯FS:6分間練習でハンヤンと衝突。顎と頭を打撲? 流血も。それでも棄権せずに強行出場。
5回転倒でTES1位、PCS1位。ジャンプも1つがUR、他は全て認定。総合2位。
・修造「何と戦ってるんだろう」
・キスクラでなぜかプーさんに「ごめんな」

2014/11/7
・中国杯SP:4Tが3Tに、コンビネーションジャンプでセカンドがつけられない要素抜けの大ミス。
しかしPCSは2位と3点近く差をつけて1位。TESも失敗した3Tに加点が1.2。要素抜けは-3なのに
-2をつけたジャッジ。最悪の出来なのにPCSは9点台出すジャッジが9人中7人。
結果、ボロボロ演技で全体の2位
・修造「羽生選手が何だかとんでもないことをしてるということだけは分かりました!

2014/11/5
・中国杯のため上海でインタビュー、町田の「自分が投げたボールを他の日本選手がどう打ち返して
くるか」という発言を受けて「別に打ち返さなくてもいいかなって思ってんですけど」「打ち返すも
なにも、ねぇ、キャッチボールじゃないですけど
(笑)」「受け取ってもいいかなって思ってます」
coc

今日の出来事(10月編)

☆グランプリシリーズの幕開け、予習復習にどうぞ

2014/10/20
・羽生結弦、お宝「素顔」を公開
xlt

2014/10/20
・キシリトールホワイト情報解禁
・「衣装は普段から羽生の衣装を手がける職人の手により作られた」
・「羽生が演じているのは”キシリトールホワイトの精”」
・完全に芸人枠
cmxlt
cmxtl1
cmxtl2

2014/10/14
・オーサーインタビューより「夏の間にトロントにいたのは2〜3週間。今は3週間前からトロントで練習している」「羽生は疑い深く、新しい人と仕事をするときは尻込みする」
(ttp://bevsmithwrites.wordpress.com/2014/10/14/orser-coming-home-to-autumn-classic/)

2014/10/2
・『覚醒の時』初回版BDが41%オフ→46%オフに。在庫捌けてもどんどん入荷される初回限定盤。
・アミノバイタルのCMに起用されるが全編通して色味が暗く、呪怨バイタル風な仕上がりに。