仙台の恩師を捨ててカナダのキムヨナ元コーチのオーサーのところへ

●「ISUから好かれているオーサーが試合にいることで、ジャッジの心情として『彼の生徒なら』という好印象も確実にあると思います」(2015/12/15 サンデー毎日)
ttp://mainichi.jp/sunday/articles/20151214/org/00m/040/039000d
そんな羽生の「強さ」を語る上で欠かせないのが、カルガリー冬季五輪銀メダリストのブライアン・オーサーコーチの存在だ。羽生は2012年、オーサー氏に師事すべくカナダ・トロントにある「クリケット・スケーティング&カーリングクラブ」に拠点を移した。
「オーサーは何でも自分でやろうとせずにチームを組んで、適任者に任せることができる。例えば元アイスダンサーのトレイシー・ウィルソンは、どのようなステップ構成が高いレベルを取れるかということを熟知している。また、ISU(国際スケート連盟)から好かれているオーサーが試合にいることで、ジャッジの心情として『彼の生徒なら』という好印象も確実にあると思います。そうした人徳のプラスアルファもあります」(ノンフィクションライター田村明子氏)

●突然のコーチ変更(地方紙 2014/2/24)


恩人として感謝する前コーチの阿部さんとの出会いを、スケート人生の転機に挙げた。
ただし「そう言っていいのは分からないけれど」と少しはばかるように。
ジュニアより下のノービス時代から5年以上師事してトップ選手の仲間入りを果たしたが、
2年前に突然の別れを告げたからだ。(中略)
阿部さんとともに初出場で銅メダルを獲得した世界選手権から、
わずか1ヵ月後のコーチ変更だった。阿部さんはショックを受け、
オーサー氏も「前のコーチといい関係だったし、オファーに驚いた」と振り返る。

●元コーチの指導とプログラムを見下す(Number817 2012/11/22)
>「去年はジュニアの滑りだったけど、今はトップと争えるスケートをしてるっていう実感」
>「俺はね、一流になりたいんです。格を身につけたいっていうのかな。
>『絶対王者になる』なんて言ってた頃は、若かったんですよ。
>無理に背伸びして表彰台に指の先がかかってる、っていうのじゃ嫌なんです」
>「トロントに来なかったら何も変わらなかった。
>4回転サルコウの確立も低くて、プログラムもジュニアのままだった」
>「納得の演技ができれば、って言う傾向があるけど、本当は勝ちたいでしょ」

●海外に行く選手は真の日本代表という感じがしない(河北新報 2010/3/20)

http://wayback.archive.org/web/20100324115110/http://www.kahoku.co.jp/news/2010/03/20100320t14013.htm
「今の練習環境を変えたくなかった。多くの日本選手は海外に行っているが、
真の日本代表という感じがしない。本当の日本代表、宮城県出身選手として大会に出たい」

●「行くって決めた後は、ワクワクしてきました」(Cutting Edge 2012+Plus 2012/7/27)
「新しいコーチに見てもらえる、その話が出たのは、世界選手権が終わってすぐのこと。
けっこう、バタバタでしたね。
カナダに行くこと、オーサーコーチに習うこと…。
去年習いに行ったモスクワのナタリア先生たちのところへ、って話も実はあったけど、モスクワはソチまではちょっと難しい、と。
他にも『こっちに行ったら?』『あっちへ行ったら?』って声も、いろいろかけていただきました。」

「僕自身も、『いつかは外の世界で学んでみたい』と思ってた。
(中略)
世界選手権で結果を出して、さあこれから改めてソチ、ピョンチャンを目指そうという時。
『ここで新しい環境に変わるのはいいかな、海外に出るにはちょうどいいかな』って気持ちになりました。
それにオーサーコーチのいるクリケットクラブのことは、
前から『ワールドフィギュアスケート』の記事を読んで、知ってたんです。
『こんなリンクで練習してみたいな』って気持ちもすごくありました。
だから行くって決めた後は、ワクワクしてきましたね。
『これからここの先生に見てもらえるんだ!』って未来を、すごく感じたから」

●「本当は仙台にいたかった」(日刊スポーツ 2014/2/16)
http://www.nikkansports.com/m/sochi2014/figureskate/news/p-sochi-tp0-20140216-1258302.html
4歳から通ったアイスリンク仙台。出発直前、あいさつに行った。
「いってきます」の短い言葉。それが限界だった。終えるとそのまま、靴の刃を研磨してくれる隣の店へ。その奥の小さな部屋で泣き崩れた。長く、悲しい時間。
「僕は行きたくないんだ…」。

オーサーに決めた理由とキムヨナへの思い

●コーチをオーサーに決めた理由の二転三転劇

<本人の発言集> ※時系列順
2012世界選手権が終わった後の発言の流れ↓
・Number(2012/5/24):クリケットの環境で選んだ。オーサーはたまたまそこの責任者
・IFS(2012/8/29) :キムヨナのように金メダルをとりたいからオーサーを選んだ
★I wanted to train with Brian because he coached Yuna Kim to an Olympic Gold medal, and that is what I want.
オーサーに師事したいと思った理由は、オーサーがキムヨナをオリンピック金メダリストに育てたコーチだからです。キムのように金メダルを取りたい。
ifsifsmag
・Days   :フェルナンデスの4Sを間近で見て学べるし、スケーティングも学べる
(2012/10/12)仙台のように常に自分がトップではないから負けるものかと頑張れる

・GetSports :四回転の種類を増やさなきゃいけない。二種類決めないと勝てない
(2012/10/15)それを教えているのが、オーサーコーチ

・報ステ  :フェルナンデスが唯一2種類のクワドを跳び、それを教えたのはオーサー
(2012/10/16)自分自身4回転の種類をもっと増やさないといけないと思ったから

Number Web:トロントに来たのは、ブライアンがキム・ヨナを育てたからじゃないです。
(2012/12/4)俺をカナダまで突き動かしたものは、ライバルと一緒に練習できるこの環境。
ヨナは全然関係ない

★ロールモデルはキム・ヨナ(2014/3/23 中央SUNDAY)
ttp://sunday.joins.com/article/view.asp?aid=33445
羽生の振付師でもあるウィルソン氏への電話インタビュー:
「羽生は男キム・ヨナだ。技術も良く演技力も日進月歩した。羽生は私に
私のロールモデルはキム・ヨナだ。キム・ヨナのように滑りたい』と言った」

★目標のスケーターは女子の金妍児(2010/12/23 河北新報社)
ttp://www.47news.jp/localnews/miyagi/2010/12/post_20101223101844.html
シニアに本格デビューした今季のテーマは「チャレンジ」。代表入りに望みをつなぐためには、全日本で表彰台に立つしかない。「いろいろと課題はあるが、全部クリアしてみせる」。柔らかい物腰とは対照的に、内に秘めた闘志は激しい。
目標のスケーターが女子の金妍児(韓国)や男子の個性派、ジョニー・ウィア(米国)と言うように、しなやかな動きが特長。

★「キムヨナ選手たちやトップの選手に会えたことが嬉しかった」「(好きな女子選手は)やはりキムヨナ選手」(2010/4/6 ミラクルティーン)

前コーチと城田・羽生家の確執

●仙台の前コーチVS城田・羽生家(サンデー毎日3月23日増大号)

> 恩師である安部氏がなぜかつての教え子の快挙に沈黙するのか
> 「安部氏が沈黙しているのは羽生や城田氏にわだかまりがあるから」とみる関係者は少なくない
> かつてフィギュア界の女帝と言われた城田氏は本誌が報じた通りソチで
>羽生チームの総監督的立場から辣腕を発揮し金メダル獲得の最大の立役者とされる
(中略)

> 同関係者によると羽生家と安部氏の綱引きが始まったのはオーサー氏に師事する2年ほど前からだった
> 羽生家は「ユヅルの新たな魅力を引き出したい。海外の有名振付師を紹介してほしい」
> と要望したがなかなか実現しなかった
> 「安部氏の態度を見て羽生家は『ここでは成長できない』とコーチ変更を
>強く望むようになり、国内外に人脈を持つ城田氏に相談を持ちかけた。(中略)」(前出フィギュア関係者)

> 羽生家の求めに応じて城田氏が提案した数人のコーチ候補の中から、ユヅル君が選んだのが
>オーサー氏。安部氏は「強化部長の了解があれば」と条件つきで賛同したため、
>羽生家は吉岡伸彦フィギュア強化部長(当時)の了解を得た後、オーサー氏との
>初顔合わせに挑んだという
(中略)
> だが安部氏は「私からユヅを取り上げるのか」と心を引き裂かれる思いだったといい
>前出の関係者は「安部氏は城田氏に激しい言葉を浴びせ、結局は修羅場になった」と振り返る
>「悲しみに暮れる安部氏に同情した仲間のコーチらが連盟サイドに抗議したほか
>地元宮城スケート連盟の幹部までもが連盟に事情説明を求めるなど一時騒然となりました
>吉岡強化部長が12年7月に退任したのは羽生の移籍を巡って連盟内部で
>管理責任を指摘されたことが一因でした(日本スケート連盟の関係者)
(略)