2015スケートカナダ

☆GPSカナダ大会
【SP】
昨季からの持ち越しプロ、ショパンのバラード1番。
ジャンプは3A、2T、3Lz-2Tになり、単独のダブルジャンプ、また同じジャンプを二度跳んだことで後半2つのジャンプが0点に。
これによりジャンプの基礎点は男女合わせて最下位となるが、PCSは全選手中トップという前代未聞の結果。

Pl. Name Nation TSS
=
TES
+
PCS
+
SS TR PE CH IN Ded.
StN.
6 Yuzuru HANYU JPN 73.25 28.43 44.82 9.00 8.68 8.79 9.21 9.14 0.00 #12

<得点内訳>

          ( BV + GOE = TES 、 PCS )    SS
村上    80.88点(42.11+0.06=42.17、38.71)    SS7.96
チャン   80.81点(36.30+1.13=37.43、44.38、減点1)SS8.96
リッポン  80.36点(38.83+2.73=41.56、39.80、減点1)SS8.04
ナム    76.10点(40.60+-0.33=41.27、36.83、減点1)SS7.36
ブレジナ  75.46点(40.66+-2.95=37.71、38.75、減点1)SS8.04
羽生    73.25点(21.50+6.93=28.43、44.82)    SS9.00
ペトロフ  71.44点(34.27+1.37=35.64、35.80)    SS7.25
キム    68.64点(34,04+0.35=34.39、34.25)    SS6.86
川原    67.36点(36.70+-1.28=35.42、31,04)    SS6.54
メッシング 67.13点(33.80+0.62=34.42、32.71)    SS6.61
ドレンスキ 62.46点(32.80+-3.05=29.75、33.71、減点1)SS6.89
イ     47.19点(22.53+-4.02=18.51、30.68、減点2)SS6.18

●公式練習で他選手に近づき蹴り上げるような動き。

●「ベストが欲しい。ベスト…ベスト!」(キスクラにて)

●ジャンプのときに河豚をイメージできるような隠し技を施した衣装

● 「パトリック選手は『まだ勝てる』と思っているだろう。僕は僕で大きな大会で、2回勝てたという感覚がある。どこまでを自信にして、どこからを過信だと思うのか。」(試合前のコメント)
ttp://www.asahi.com/articles/DA3S12040133.html

●演技直前は、氷上のハエを2度取り除くなど「落ち着いていた」。
ttp://www.asahi.com/articles/ASHB01PQ3HB0UTQP008.html

●「やる前にパトリックの点数はわかっていました。靴履くときにすごい歓声が聞こえてきて、100点くらい出たのかなと思ったら80点だったので、大丈夫、大丈夫と自分に言い聞かせました」
ttp://number.bunshun.jp/articles/-/824464?page=2

【FS】
陰陽師を題材にしたSEIMEIというプログラム。冒頭の一人じゃんけんポーズが見どころ。
後半4T-2Tお手つきでも-0.96の減点、3A-3Tが3A-1Tに、3Lz転倒(回転不足見逃し)。
SP1位でフリーでもノーミス演技をした選手よりも上の得点で総合で2位。
それでもほぼノーミスの圧巻の演技をしたチャンの得点が自分を上回ったことがわかると不服そうな表情。
http://www.isuresults.com/results/season1516/gpcan2015/gpcan2015_Men_FS_Scores.pdf

<実施できた基礎点の合計>
チャン  BV合計113.22(SP36.3+FS76.92)
羽生   BV合計112.00(SP21.5+FS90.5)
村上   BV合計121.72(SP42.11+FS79.61)
ナム   BV合計124.17(SP40.6+FS83.57)
リッポン BV合計116.10(SP38.83+FS77.27)
ブレジナ BV合計112.87(SP40.66+FS72.21)

・転倒した3Lz

●(チャンの得点を見て)「マジでー4回転一本でそんなにいくかぁー」

ベースの得点は僕の方が高いですから、GOEで稼げなかったというのが反省点
ttp://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/2015/11/02/post_556/index.php

「フリーでも勝てなかったから正直悔しいですし、まだ『後半の4回転』にとらわれている自分がいるというのが現実です。
僕はフリーでは4回転を3本やってトリプルアクセルも2本やっています。
それに対してパトリック・チャン選手は4回転とトリプルアクセルは1本ずつで、
4回転-3回転が入っているとはいえ3回転-3回転はないですし、アクセル-サルコウが入っているわけでもない。
それを考えれば、ベースの得点は僕の方が高いですから、GOEで稼げなかったというのが反省点です。

●「太陽の光をもらったからこそ、その下に映る(自分の)影が見えて、過信だとか、または
まだまだ足りないところだとか、そういった影の部分が見えたからこそ、自分自身が光って
いけるようなスケートをしなくてはいけないなと」

●約2週間前から、のどなど呼吸器に違和感があり、練習量も制限されていた
ttp://www.asahi.com/articles/ASHC12DQFHC1UTQP00B.html
周囲によると、約2週間前から、のどなど呼吸器に違和感があり、練習量も制限されていたという。

●チャン「スケートは相手を打ち負かすのではなく、自分との戦いなんです」
ttp://number.bunshun.jp/articles/-/824464?page=4
羽生とのソチ以来の対決についての感想を聞かれると、こう答えた。
「ぼくも彼も、あれから多くのものをまた乗り越えて成長してきた。こうして一緒に戦うことができたのは嬉しい。
でもスケートはボクシングとは違うから、結局相手を打ち負かすのではなく自分との戦いなんです」

【エキシビション】
●他選手がエキシビションのリハーサルをしている横で一人ジャンプ大会

広告