チーム羽生の立役者・城田

●城田憲子氏 羽生の所属先、ANAの監督に就任(2016/03/27 スポニチ)
ttp://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/03/27/kiji/K20160327012298220.html
フィギュアスケート男子でソチ冬季五輪金メダリストの羽生結弦が所属するANAの監督に、
日本スケート連盟元強化部長の城田憲子氏(69)が就任したことが27日、関係者の話で分かった。
城田氏はこれまでもブライアン・オーサー・コーチとともに羽生を支援してきており、2連覇を目指す2018年平昌五輪へ態勢を強化する。

●連盟と羽生結弦の間に大きな溝存在(2014/11/17 NEWSポストセブン)
ttp://www.news-postseven.com/archives/20141117_287280.html
「実はJSF(日本スケート連盟)と羽生の間には大きな溝があるんです」というのはJSF幹部だ。
「原因は現在のJSFフィギュア委員長の伊東秀仁氏と、五輪監督を長く務めてきた連盟の“女帝”
と呼ばれた城田憲子氏の対立です。城田氏は荒川静香や安藤美姫を育てた名コーチとして知られ
ますが、伊東委員長に断わりなく教え子のコーチや指導法を決めてしまう。安藤美姫が連盟に
冷遇されたのもそうした経緯があった」
羽生とJSFの溝が深まったのは2年前、羽生がコーチを現在のブライアン・オーサー氏に
変更したことだった。
「さらに連盟に相談しないまま、練習拠点をオーサー氏のいるカナダに移したことでも
JSFの不興を買った。いずれも城田さんのアドバイスだったといわれている。今年3月の
世界選手権のキスアンドクライ(選手が採点を待つ席)で羽生が一人ぼっちだったのも、
連盟関係者の同席を羽生サイドが断わったからのようです」(同前)

●五輪では審判員への地ならしも周到だった(2014/3/16 サンデー毎日)


> 「ユヅル君が金メダリストになったのは〔女帝〕の功績が大きく、
>最大の功労者と言っていい。この三年彼女は実質的な総監督として指揮し、
>羽生家を全面的に支援した
> 羽生家のコーチ交代を手伝い、演技や衣装を決め、今回五輪では
>審判員への地ならしも周到だった」(フィギュア関係者)
> 「女帝」とは連盟の元フィギュア強化部長、城田氏のこと
> 城田氏は連盟の不正経理事件で失脚したが、バンクーバー五輪前には
>アシスタントチームリーダーとして代表チームに一時復帰した
> 前出のフィギュア関係者によると、羽生チームはソチでユヅル君専属コーチとして
>城田氏の選手団登録を申請したがIDカードは発行されなかった

●フィギュア界の若きキング「19歳」の陰にあの「女帝」城田憲子(2014/3/2 サンデー毎日)

>羽生には「陰の参謀」というべき大物関係者がぴたりと寄り添ってる事実は
>知る人ぞ知るフィギュア界の公然の秘密だ
>大物関係者とは女帝と呼ばれた城田憲子氏
>城田氏はソチでは羽生の母親、マネージャーと行動を共にする
>震災の後、城田氏は羽生家に急接近し、水面下でサポートするようになった
>現在のマネージャーを羽生に紹介したのは城田氏です
>業界内の人脈紹介のみならず
>スポンサー仲介など資金面での相談にも乗るようになった
>連盟も羽生家と城田氏の関係を把握していますが
>「チーム羽生」のトップシークレット扱いしているのが現状です

広告